禁煙外来の開設、舌下免疫療法導入のお知らせ

<禁煙外来>

7月から医療機関では受動喫煙防止のために敷地内禁煙になりました。それに伴い、足摺病院では禁煙外来を開設しています。下の①から④の条件を満たせば、保険診療にて禁煙治療を受けることが可能です。条件を満たさない方でも自由診療にて治療を受けることができます。

①ニコチン依存症の判断テストが5点以上

②35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数をかけた数が200以上であるものであること

③ただちに禁煙を始めたいと思っている

④禁煙治療を受けることを文書で同意している

 

<舌下免疫療法>

アレルギー疾患に対する新しい治療法として注目されている舌下免疫療法が当院で受けられるようになりました。舌下免疫療法とは、アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)を含むエキスを舌の下に毎日投与し、体内に吸収させて少しずつアレルゲンに体を慣らしていく治療法です。体質改善によるアレルギー症状の軽減が期待できます。

アナフィラキシー等の副作用が出ていないかのチェックが必要なため、初回投与のみ病院内で行いますが2回目以降は自宅で行っていただけます。スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。

禁煙外来と舌下免疫療法について詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。

DSCF0835

 

上、ファイザー製薬㈱のポスター。下、鳥居薬品㈱のポスター。

 

DSCF0830

カテゴリー: お知らせ パーマリンク