東洋医学(漢方・鍼灸療法)

当院では東洋医学的治療(漢方、鍼灸)を行っております。

東洋医学的治療は、当院で通常行われる西洋医学的治療と並行して受けることが出来ます。診療科を問わずあらゆる疾患に対し、従来の治療だけではなかなか改善しない症状に対しても効果が期待できます。当院で取扱う漢方薬は、すべて保険が適用されるエキス製剤です。より多くの疾患や体質に対応できるよう、多数取り揃えておりますので患者様それぞれの体質や症状に応じたオーダーメイドの処方が受けられます。

鍼灸治療は、主にYNSA(山元式新頭鍼療法)という頭のツボを使った治療法です。この鍼治療法は、宮崎県の医師・山元敏勝先生によって考案された、頭皮への鍼治療だけで痛みや慢性病を改善する技術です。現在では世界14ヵ国以上で数万人以上の医師や鍼灸師が実践している世界的に有名な鍼治療法です。

YNSAの名称は商標登録されておりますが、当院内科の門元医師はYNSA学会の会員であり、学会が主催する正式講習を受講し、許可を得てYNSAを実施しております。YNSA以外にも井穴刺絡療法、長野式鍼灸治療など、効果が高く即効性のある鍼灸療法を取り入れております。

当院で使用する鍼は痛みの少ないものを選択し、使い捨てのディスポ鍼ですので衛生的です。今受けられている治療で症状がなかなか改善しない方、なるべく薬に頼りたくない方、東洋医学に興味をお持ちの方など、お気軽にご相談ください。

さらに当院では、厚生労働省が推進する医療費削減の一環として、薬の処方内容の見直しや不必要な投薬を減らす取り組みを積極的に行っております。処方薬を見直し、飲む薬の種類や量を減らせる場合もあります。処方内容の相談のみでも承りますので、当院かかりつけの方以外でもお気軽にご相談ください。

担当医:門元 俊樹(内科、東洋医学担当 YNSA学会会員)

カテゴリー: お知らせ パーマリンク