ツバメの営巣

6月に入りました。入梅を前に、今日の土佐清水は、穏やかに晴れ間が広がっています。

先日の記事では、雨のアジサイを紹介しましたが、この季節は他にも主役がいましたね。

そうです。ツバメです。

数日前から、病院の渡り廊下の下に、ツバメのつがいが営巣をはじめました。

人と車の往来の激しいこの場所をなぜ選んだのかは不明です。

今日も、二匹のツバメが、次から次へと泥土をせっせと運んでいますが、

見たところ、まだ10分の1程度の大きさくらいしかありません。

当然ながら、卵もまだ産みつけられていないようです。

ここで生まれるヒナが巣立つのはいつごろになるでしょうか?

ツバメの中には、途中で営巣をあきらめて去って行ったり、

あるいは、ヒナが他の大きな鳥に捕食されてしまうことがあります。

でも、どうか、無事育ってほしいものです・・・。

DSCF3485

カテゴリー: お知らせ パーマリンク