ご挨拶・理念

院長ご挨拶

1970年に足摺病院が美しく豊かな海と山に囲まれたこの地に開院されて以来、私たちは患者さんと顔の見える関係を重視しながら、地域医療に貢献してまいりました。45年の歳月が流れる間に、産業構造や人口動態の変化による市勢に合わせて、医療提供体制は救急医療から慢性期の疾患を主体としたものにシフトしてきました。私たちは医療を通じて、主役である地域住民の皆さまとともに喜怒哀楽を分かち合いながらともに歩むことで、親しい関係を築いてくることができたと実感しております。

21世紀もはや15年が過ぎました。日本の経済が成熟し、全国規模で高齢化が急速に進む中、高齢化率40%を超えた土佐清水市は、超高齢化社会の最先端を走っていて、将来の日本の姿を先取りしていると言われることもあります。しかし、時代がどんなに変わろうとも、住みなれた場所で安心してその人らしく暮らしていきたいという願いは万人に共通するものです。

現在、国はそのような少子高齢化社会に合わせて、急性期から在宅医療及び介護サービスまでを網羅した「地域包括ケア体制」の構築を進めています。一つの病院(診療所)単体では対応できない症例や疾患を地域全体が連携して切れ目なくサービスを提供するものであり、10年後の将来を見据えた最も効率的でわかりやすい機能分化の在り方です。

当院は、地域包括ケア体制の「かかりつけ医」として健康増進と良質なプライマリケアを提供する役割を担い、皆様の生きる支えになることが第一の使命だと考えております。これからも、医療・介護を通して皆様の生活をサポートできるよう一層努力を続けてまいりますので、何とぞ変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

平成27年3月1日
医療法人次田会 足摺病院
院長 次田 靖生

 

看護師長ご挨拶

皆さまこんにちは。足摺病院看護師長の倉松みどりです。
今年、足摺病院は創立45周年を迎えました。私はこの病院に勤務して30年以上になりますが、私たち看護師は「心ある医療で地域社会に貢献を」の理念を共有しながら、患者さんにいちばん安心と親しみを感じていただける病院として役割を果たしてきました。
今日の医療福祉の分野は在宅医療推進の時代背景を受けています。看護現場においても、患者さん一人ひとりに合わせた個別的な看護を継続的に提供していくことが求められています。看護師は、人・地域・社会をよく理解し、患者さんやご家族の潜在的な思いを見通す力を養わなければなりません。そのためには、一人でも多くの若い看護職員に入職していただきたいと思います。看護技術の伝達を通して専門性を培い、同時に臨床の現場に寄り添いながら、人間性、感性、優しさなどを磨く必要があると考えています。
看護師とはいえ、人並み以上に悩んだりすることもあるでしょう。結婚、子育てなどの人生の節目で迷うこともあるでしょう。しかし、看護師にしかできない役割を常に自分に問いかけることで、前進する力を得ることも可能です。そして、同じ思いを持つ多くの看護師の言葉もきっと力強い支えになるはずです。
今後も看護師の理念を忘れることなく、地域の皆さまに信頼される医療を提供するために看護教育を続けてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

看護師長 倉松みどり

経営理念

心ある医療で地域社会に貢献を

 

個人情報保護に関する宣言

当院では、当院をご利用になられる方々の個人情報につきまして、「個人情報保護に関する法令」及び厚生労働省が策定した「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱のためのガイドライン」を遵守して、個人の人格尊重の理念をもとに下記の通り個人情報の保護を行うことを宣言いたします。

  1. 当院では、この宣言を当院の職員、その他関係者に周知徹底し、実行してまいります。
  2. 当院では、個人情報保護のために「個人情報取り扱い規則」を定め、責任体制を明確にするとともに、保管・管理の措置を講じます。
  3. 当院では、個人情報の入手を適法に行い、その利用目的については院内に掲示して告知します。個人情報の利用は、利用目的に沿った範囲内について、業務上必要な範囲に限り行います。
  4. 当院では、ご本人の申し出により情報の開示、訂正、利用停止、削除等を行います。
  5. 当院では、ご本人の同意なく第三者への個人情報の提供を行いません。ただし、利用目的で示した範囲及び、法律により情報提供が認められる場合には、法律やガイドラインに沿って提供を行う場合があります。

個人情報取扱規則の概要